ECOMAX-IONの特徴

化石燃料は、1個の燃料分子と1個の酸素分子が結合することにより燃焼します。しかし通常、燃料分子に含まれる炭化水素と呼ばれる3個から6個の分子で固まっています。
すると燃焼の際、酸素分子は結合状態の燃料分子の1個のみと結合し、結合しなかった燃料分子は排気ガスとして大気中に排出されます。
ところが「ECOMAX-ION D」の効果により結合状態の燃料分子がクラスター分解(分離)され、燃焼しやすい状態になり酸素分子ひとつひとつと結合します。

※化石燃料=ガソリン、軽油、灯油などをいう。



燃料の燃焼とは、燃料を構成する有機物分子の酸化反応であり、酸化反応は有機物分子と酸素分子の衝突から開始されます。上記の(図1)が示すように、分子が集合している場合は酸素分子との衝突が段階的に進行するものと考えられます。即ち最初の反応では分子集合体の1個の分子のみが酸素と反応し、残りの有機物分子は未燃焼となり、次のタイミングで未燃焼分子の一部が酸素と反応します。このように段階的に酸化反応が進むため、一部の分子は未燃焼のまま排気されます。一方、分子集合体が個々の分子に分解されている場合は、上記の(図2)が示すように個々の有機物分子が酸素分子と燃焼の初期段階で出会う確率が増えるものと考えられるため、その結果、完全燃焼に近づき燃焼効率の向上の原因になっているものと推測されます。

走行距離と給油量の調べ方

  • マイカーの燃料を満タンにして、トリップメーターを”0″に
  • 次の給油時に満タンにして、給油量とトリップメーターの走行距離を控える

燃費・二酸化炭素排出量の計算方法



主な特徴

  • 効果を生み出す原料は、100%天然鉱石です
  • 何百年、何千年とエネルギーを放出し続けている天然鉱石(原料)なので半永久的にエネルギーを放出し続けるため効果が持続します
  • バッテリーの取り替え・自動車・船舶等の買い替え時に付け替えれば継続して使用し続けることが可能です
  • 危険でなく・重たくなく・熱くなく・コンパクトで廃棄物にもなりません
  • ランニングコストが発生しません(初期費用だけ)

主な効果(お客様の声をまとめました)

  • エンジン音が小さくなった
  • エンジンの振動が小さくなった
  • アイドリング時の回転数が下がった
  • 燃費が良くなった
  • トルクが上がった
  • アクセルが軽くなった
  • 加速が軽くなった
  • 坂道をスムーズに登るようになった
  • エンジンのパワーが強くなった
  • バッテリーのパワーが強くなった
  • エアコンの効きが良くなった
  • ルームランプ・ヘッドライトが明るくなった
  • オーディオの音質が良くなった
  • エンジンのかかりが良くなった
  • 静電気が減少した
  • 車体にホコリが付きにくくなった
  • バッテリーの使用期間が延びた
  • 排気ガスが減少し、臭いにおいがなくなった
  • アドブルー(尿素水)の使用量が減少した(トラック)
  • マフラーから出なくなっていた水が出るようになった
  • 長距離走行時に疲れにくくなった(ハイブリッド車)
  • ブレーキを掛けたときの金属音が軽減した(ハイブリッド車)
  • 運転が楽しくなった
  • 快調に走るようになった
  • 残り香(タバコ)が気にならなくなった
  • エコモード走行が長くなった

※車種・年式・走行条件・季節等により効果に違いがあります

会社案内

会社概要

販売店

メインメニュー

ECOMAX-IONとは

ECOMAX-IONの特徴

DATA_page

商品一覧

バッテリー取付け事例

動画

お客様の声

Q&A

取付車種

全ての車種

軽自動車

コンパクトカー

セダン

ステーションワゴン

ミニバン

ハイブリッド

SUV

クーペ

バン

トラック

バス

外国車

バイク

船舶全般

その他の車種

Count per Day

  • 79491総閲覧数:
  • 40061総訪問者数:
  • 28今日の訪問者数: